大分の建築家

あなたの夢を叶える大分の建築家21人

写真
写真
写真

みなみきつきの家

城下町として歴史ある地域に建つ住宅です。景観条例が指定された地域であるため、計画段階で審査会(地域住民など)との対話により生まれた建築です。懐古主義になりがちな条例のなかで、これからの景観を創る住宅として存在しています。

写真
写真
写真

House-Sim

緑豊かな環境に建つ住宅です。都市部と違い敷地は広すぎるほどありました。自然の雄大さの中に受容されるような空間を生む事ができました水平・垂直は近代建築の作法ですが、自然の中には水平も垂直もありません。木々の傾きにほんの少し寄り添わせることで、この場所での建築として存在しています。

写真
写真

House-Y2C

猫2匹とその飼い主の為の住宅です。猫と共にサバイバルに住む為の家です。建築は命を守るためのものです。構造的な安心はもとより、ライフラインの分散化、エネルギーや食の自給自足の可能性など様々な思考を含んだ無理をしないライフスタイルの住宅が完成しました。猫2匹と飼い主1人、快適に住まわれています。

写真
写真
写真

House-H

ミニ開発による住宅団地の角地に建つ住宅です。都市と建築の関わりあい方を課題に取り組んだ住宅です。公共性ある開かれた駐車場空間、プライバシーを保ちつつ開く囲み庭、外と内、パブリックとプライバシー、都市と建築、緩やかにつながり、穏やかな関係を保ち存在する建築になりました。

写真
写真

House-Mrn

商業、工業、住宅と入り混じる都市的環境に建つ住宅です。南側の集合住宅の上からの視線に対し、俯瞰される都市にどう答えるか?と考えました。周辺住宅と呼応するように家のカタチに、緩やかに内包される空間を生みました。景観に寄与できる「屋根の建築」になったと思います。