loadingなう

大分の建築家

OITA ARCHITECT
来場・イベント予約

小西 雅哉

1963年生まれ
熊本大学工学部環境建設工学科建築コース卒業
1986年 豊國建設(株)入社
1990年 SDA建築事務所入社
1995年 楓(ふう)建築工房設立

楓(ふう)建築工房

作風について

木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造の選択については建物の用途・規模・建築コストが大きく関係してきます。どの工法でも十分対応できます。一般的な規模の住宅であればやはり木造在来工法がトータルバランスにおいて優れているかとは思いますが。予算を考えずに設計できる建物は、ほぼありません。必要な機能をできるだけシンプルな動線の中に納め、古い間取りの考え方にとらわれず自由で楽しく気持ちの良い空間創りを考えています。無駄なスペースをなくしつつ、あえて無駄な遊べる空間創りができればよし。それが内部と外部の中間的な場所でもよし、酒の飲める素敵な小部屋でもよし、子供の喜ぶ謎の空間でもよし。建築家の独りよがりではなく、そこに住む人たちがずっとその家にいたいような家、そこにちょっとだけ(?)設計者の個性を加えていただければと思います。シンプルでありながらも薄っぺらくなく質感のしっかりした建物が好きです。

施工実績